個人情報保護法とは

直接出会い系サイトには関係なさそうですが、個人情報の売買が盛んに行われている業界という事と2005年4月から施行された新しい法律なので記事として紹介します。

 

個人情報保護法とは個人情報の保護に関する法律は、「個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益の保護をすることを目的とする(第1条目的より抜粋)」ために定められた法律です。

 

事業者が個人情報を取り扱う上で最低限守らなければならない義務等を定めています。この 法律の全文は首相官邸のHPなどで見ることができますので気になる方は詳細を確認してください。

 

首相官邸(個人情報の保護に関する法律)

個人情報保護法の個人情報取扱事業者にかかわる義務 主な概要

 

● 利用目的(第15条、第16条)
・ 利用目的をできる限り特定
・ 利用目的の範囲内での利用
・ 利用目的以外の使用に対する本人の同意の必要性
● 適正な取得(第17条、第18条)
・ 個人情報の不正な取得の禁止
・ 利用目的の通知または公表
● 安全管理措置(第19条、第20条、第21条、第22条)
・ 利用目的の達成に必要範囲でのデータの正確性の確保
・ 漏えい、滅失、き損の防止その他の適切な安全管理
・ 従業者および委託先の適切な監督
● 第三者提供の制限(第23条)
・ 第三者提供における本人の同意の必要性
● 本人への権利対応(第24条―第27条)
・ 利用目的その他の必要事項を本人の知りえる状態に置く必要性
・ 本人からの開示・訂正・利用停止請求に対する対応
・ 苦情の処理を行うこと

 

こういった法律が定められた結果、今後個人情報の漏洩が発生した場合には、「事故」でなく「事件」になる、ということを意味します。これまでヤフー、楽天などさまざまな顧客名簿の漏洩事故などが度々報道されてきましたが今後は、お詫びの文面のみで解決といかなくなりました、場合によっては損害賠償を請求される事も考えられます。

 

個人情報保護法により規制された事

1.個人情報を入手する際は利用目的を明示する。
2.利用目的以外に個人情報を利用できない。
3.購入した名簿でDMを出すことは出来ない。
4.委託業者でのデータ処理は発注元に責任にある。
5.個人情報保護の社内体制を構築する。
7.個人情報苦情窓口を設置する。

 

こういった法律は悪徳業者にはかなりダメージを与えた事も考えられるが守っている業者はほとんどいないでしょう。安易に個人情報を入力すれば今後間違いなく知らない所からスパムメールも送られてきます。故に悪徳業者なのです。

安全な出会い系の紹介

管理者自ら安全を確認したサイトの紹介です。以下のサイトはユーザーの評価も高く活発に利用されています。

管理者が推薦する使えるサイト

  • LOVE

    理想の相手探しに使えるコミュニティサイトとして、口コミ掲示板でも評価が高い優良サイト。メル友探し、恋人募集に利用できる。フリメも利用可なので、まずは登録をオススメする。

  • セフレマッチング

    割り切り目的のセフレを探す人達だけで構成されたマッチング出会いサイト。恋人を探している人はいなく完全割り切り目的なので出会いから目的までの時間がとにかく早い。スマホユーザーが多いのか男女共に返信が早く凄く使えるサイト。

  • LINE ID&メアド交換サイト

    かなり画期的なサイトが登場。サイト内でLine IDが交換できます。Lineでのやり取りができるので出会うまでかなり早い。 またLineが人をオープンにさせるのか皆積極的に使っている。

  • ロマンス

    最近オープンした新規サイト。新規サイトは初期に雑誌媒体等で広告を大量にだして会員獲得をする。 その為、出会い系に慣れていない層が多い。 それが功を奏してか出会うまでのプロセスが短かったり、割り切り目的の出会い等が比較的しやすい。

  • セフレゲット

    「人生一度。不倫をしましょう」との広告で知られる不倫交際目的の世界的なSNS「アシュレイ・マディソン」のシステムがハッキングされ、行き場のなくしたユーザーがここに流れてきている。現在ユーザー数が極端に多くなっている為、簡単に不倫相手を探す事ができるようになっている。。

悪徳出会い系の登録

悪徳出会い系サイト被害に遭ったら被害を共有しよう。

悪質サイトの登録はこちら 一覧はこちら

気づいたらこんなトラブルに

読まなければ始まらない気づいたらこんなトラブルに。知らなかったではもう遅い?

知らなきゃ損する法律

出会い系サイトでの覚えておきたい法律関連。あの契約は無効?

当サイトについて