架空請求詐欺に対する対策

数年前から流行した架空請求の詐欺。葉書などによる被害は減ってきているものの全国規模でみるとまだまだ無くならない有名な詐欺です。

 

架空請求の流れからオレオレ詐欺、ワンクリック詐欺へと流れてきています。簡単にどのような詐欺かその対処法を説明したいと思います。

 

架空請求は大きく分けて2つの形態にわかれます。
・サイトの利用が全くないにも関わらず請求(架空請求)
・サイトはあるがワンクリックで契約を成立させる形で請求(不当請求)

この架空請求は実際サイトがない、もしくは作ってあるが形だけであり、業者が名簿等の個人情報を元に何万件という請求を葉書やメールにて無差別に配ります。

 

請求は債権回収業者を名乗る代理業者から送られてくるケースがほとんどで、「利用料金」「遅延損害金」「回収代行手数料」などを脅し文句と一緒に請求してきます。

 

脅し文句は、「自宅や会社まで回収に行く」「裁判する」といった恐怖感を煽るもでその恐怖や金額(誰でも支払える金額)から支払ってしまう被害者があとを絶ちません。

 

一度、支払ってしまうと『カモリスト』に追加され後日、関連の業者から更に高額な料金を請求されてしまうのもパターンとなっています。

 

警視庁や消費者センターからこのような葉書やメールが届いた場合の対処法が公開されています。
・ 放置・無視する
・ メールでの請求には安易に返信しない
・ 証拠になるハガキ、メールを保管
・ 電話での請求は、毅然とした態度で断るまたは無言で切る
・ 消費生活センター、最寄の警察に相談する

未に覚えのない請求は放置するのが一番の対処法です。

・サイトはあるがワンクリックで契約を成立させる形で請求(不当請求)
この自分の意思とは裏腹に一度のクリックで有料コンテンツを契約させる詐欺も流行しています。これは葉書とは違い実際に自分がサイトを観覧してからの契約なので支払ってします被害者があとを絶ちません。

 

これは『電子消費者契約法』により錯誤無効を主張する事ができます。

詳しくは『ワンクリック詐欺』『ツークリック詐欺』をご覧ください。

 

どのような詐欺か分からない方は手口を再現した疑似体験があります。
ワンクリック詐欺疑似体験

悪徳出会い系の登録

悪徳出会い系サイト被害に遭ったら被害を共有しよう。

悪質サイトの登録はこちら 一覧はこちら

気づいたらこんなトラブルに

読まなければ始まらない気づいたらこんなトラブルに。知らなかったではもう遅い?

知らなきゃ損する法律

出会い系サイトでの覚えておきたい法律関連。あの契約は無効?

当サイトについて